バックナンバー

結婚の凄い情報

新着情報

結婚願望に関する調査

結婚願望はなくなりつつあるか

変わらない結婚への願い

ある調査によると結婚願望があるものの、踏み切れない理由に経済的なことが上位にあがっていました。長引く不況の中非正規雇用者の増加に伴い、家庭を持って養うというのは大きな挑戦になっています。晩婚化の背後には経済不況が関係しています。結婚願望は自然なことであり、時代は変わっても変わっていないことを調査は示しています。さらに働きながら育児をする環境も充分には整っていないことも関係しているでしょう。一個人に事態を変化させることは不可能です。現実を受け入れ対処するしかありません。不況だけでなく、人々の生活水準が上がっていることも一つの要素になっています。既成概念を捨てて、前向きに取り組む態度は欠かせません。実際平均所得を下回っても、幸福な家庭を持つことに成功している例はたくさんあります。金銭や所有物に対する態度を変化させる必要があるでしょう。必需品と欲しいものを区別する必要があります。あらゆる面で工夫することが大切です。様々な調査は結婚したいという願望は、人が持つごく自然な願いであることを示しています。どれほど科学技術が進歩しようとも、古今東西普遍的にみられる決して変わらない人の必要だと言えます。

↑PAGE TOP